Diversity Statement

NANOCHEMISTRY Lab Members are committed to fostering diversity in the workplace. We promise to provide equal opportunities for all our members with respect to research, education, and every aspect of laboratory life. We believe strong diversity should be established both in scientific and social aspects, that is, we encourage a variety of scientific backgrounds and diversity in gender, nationality, race, ethnicity, age, and disability. We believe our commitment to foster such an inclusive environment is key to innovative and creative research, and more importantly, to our well-being. We understand that this environment can never be achieved simply by declaring this statement. Rather, we must strive to find barriers in our everyday lives and remove them to foster a better environment. 

We have defined several goals that we seek to achieve:

  • Diversity and gender equality

  • Realizing unconscious biases and equal opportunity actions

  • Equal opportunities for education and research 

  • Efficient teamwork through the sharing of knowledge and resources


At Okayama University, you can find a variety of programs and support from the Diversity Management Office.

Click the link for more information. https://en.okayama-u-diversity.jp/

(多様性と機会均等に関して)

 私たちはグループ構成員の多様性を高め、それぞれの構成員が研究および日常生活において全ての機会が均等となるように努めます。この多様性は、構成員それぞれが背景とする研究分野の多様性だけでなく、性別・国籍・人種・民族・年齢・障がいの有無に関する構成員の多様性と考えます。このような多様性を包含できる研究室環境を実現していくことは、革新的で、創造的な研究につながると考えます。また、心身ともに健康的な研究室生活を過ごすことにつながると考えます。しかしながら、注意すべきことは、このような環境が私たちの研究室に既に実現されているということを意味しません。むしろ、研究や日常生活の中で問題となる点を見つけ、積極的に対処し続けることが必要と考えます。また、研究室はメンバーの入れ替わりが常ですので、そのたびに具体的な行動目標は変わってきます。現在、私たちは特に取り組むべき目標として以下のゴールを設定しています。

  • 多様性とジェンダーの平等

  • 無意識のバイアスへの理解

  • 研究と教育における構成員の機会均等

  • ​知識や資源の共有によるチーム研究

 

なお、岡山大学のダイバーシティポリシーは次のリンクを参照して下さい。

 https://www.okayama-u-diversity.jp/about-us